医院設備紹介Introduction

医院紹介

受付

来院されましたら、こちらでスタッフにお声がけください。

待合室

落ち着いてお待ちいただけるよう居心地の良い空間作りを心がけています。

第1診察室

猫ちゃんや小動物を中心に診察を行なっています。

第2診察室

落ち着いてお待ちいただけるよう居心地の良い空間作りを心がけています。

トリミング室

トリミングを行うお部屋です。外からトリミングの様子を見ることができます。

処置室

検査や処置、調剤などを行います。

犬入院室

わんちゃんのお部屋です。防音対策を行なっております。

猫入院室

ねこちゃんのお部屋です。ストレスなく過ごせるよう、犬入院室から離れています。
リラックス効果のあるフェロモン剤を使用し、入り口窓にロールスクリーンを設置しています。

手術室・レントゲン室

手術やレントゲン撮影に使用します。

設計事務所imaさん(内装・設計)

小林マナが2011年から続けている保護犬の預かりボランティア。それがきっかけで知り合った中澤先生とのご縁からクリニックの設計を担当させていただきました。白を基調とした清潔感のあるイメージに加えて、近隣に溢れる水や緑を感じさせる色彩をキーカラーに、明るく軽やかな診療室にデザインしています。

ここに訪れる多くの動物たちやオーナーが、安心して利用できる施設になるように願っています。

株式会社 モトモトさん(シンボルマーク)

シンボルマークは、代表的な3種の動物をモチーフに、正方形に収まるルールでシンプルにデザインし、横・縦と自由に組み合わせて使うことができるマークとしました。色は、北欧をイメージした爽やかで柔らかなブルー系の3色としています。

動物たちと同様、末長く愛着を持ってもらえるようなロゴマークになれたら嬉しいです。

医院機器紹介

血液検査機器

自動血球検査装置

赤血球や白血球など血球検査を行う機器です。レーザーを使い、血球をより細かい精度で分析します。

血液検査装置

血糖値など多項目の血液化学検査を行う機器です。最短15分で16項目の検査結果が出ます。

院内検査情報管理システム

血液検査の結果を統合する機器です。vet connect plus®に対応し、過去の検査結果などをわかりやすくグラフ化できます。

簡易血糖測定器

少量の血液で迅速に血糖値の測定が可能です。

画像診断検査機器

超音波画像診断装置

最先端画像処理エンジンを実装しております。当院では可能な限りオーナー様の前で検査 を実施いたします。

小動物用X線装置

X線照射装置です。低被ばくで高画質の画像を撮影することができます。

デジタルX線画像診断システム

撮影後すぐにモニターで高解像度な画像を見ることができます。

Osirixシステム

X線やエコーなどの画像検査データを診察室内で閲覧可能にします。

手術関連器具

麻酔器・人工呼吸器

動物専用に設計された人工呼吸器です。より精度の高い呼吸管理を可能にします。

生体モニター

手術中の麻酔モニターに使用します。

電気メス

手術で使用する電気メスです。モノポーラ、バイポーラなどが使用可能です。

体圧分散マット

手術中の体温低下および低温火傷のリスクを回避します。

高圧蒸気滅菌装置

手術器具の滅菌に使用します。

歯科機器

超音波スケーラー

歯石除去に使用します。

歯科用マイクロエンジン、
コントラアングル

抜歯、多根歯の分割、歯槽骨の処置、ポリッシングなどに使用します。

治療機器

動物用ICU装置

動物用新型ICUです。気密性が高く、高精度に湿度、温度、酸素濃度を調整可能です。

輸液ポンプ

通常の血管からの点滴に使用する機械です。

シリンジポンプ

微量な点滴に用いる機械です。

ネブライザー

薬剤を霧状に噴霧することで、呼吸器に直接薬を届けます。お預かりして実施します。

診察

電子カルテ

スムーズな診察、情報共有が行えるよう電子カルテを導入しています。

低床診察台

低い位置まで下がるので大型犬でも無理なく体重を測って診察することができます。(第2診察室のみ)